2002年12月16日 A! 甘〜い アップルパイ

概要

半額で買ってきたパイ生地(それでも250円)が冷凍庫に残っていたので在庫整理を兼ねてアップルパイを作りました。

材料

製作過程

パイ生地にりんごを乗せる

 オーブントースターの天板にアルミホイルを敷き、その上に自然解凍してやわらかくなった冷凍パイ生地を一枚置きます。生地が解凍されてくるとバターの良い香りがするようになります。生地はフニャフニャになっていて破れやすいので取り扱いに注意。中の具は適当に、今回はオーソドックスにアップルパイにします。りんご1個を適当に切って砂糖とレモン汁で煮ます。シナモンは一緒に煮た方が良かったようなというか入れ忘れたので慌てて振りかけます。バニラエッセンスは要らないけど余っているので振りかけてみます。

パイの縁に卵黄を塗る

 上にもう一枚生地を重ねるので縁に卵黄を塗ってつなぎにするので中の具が端まで寄っていると困ります。

パイを重ねて端を押さえる

 上にパイ生地を乗せて貼り合わせます。上の生地は縦半分に折って切れ込みを入れてからまた広げておきます。生地は結構伸びるので具による膨らみもカバーできました。テレビでスプーンかフォークの柄の部分で縁を抑えていたような気がするのでそうしてみます。初挑戦でしたがそれらしい形になりました。

 オーブンレンジなどという文明の利器がないのでオーブントースターで代用します。800Wでは15分ぐらいとありましたが目で見て確かめる方が確実です。トースターは予め数分間加熱しておきます。表面が焦げてきたらアルミホイルで表面を覆い、これ以上焦げないようにします。両端から膨らみ始めましたが中央部はそうでもないようで時間がかかりました。端の方が中央部よりも生地の接着面積が広かったからでしょうか。

試食

 まだこれから。吉か凶かは食べてみてのお楽しみということでお粗末様でした。
 ということで食べてみました。悪くはないです。オーブンを使って焼き加減が上手くいけばもうちょっとおいしかったのかもしれません。


[PREVIOUS] [INDEX] [NEXT]